Q12.自宅での業務(持ち帰り残業)は労働時間になる?

A.原則:労働時間とならない

 

 会社の指揮命令下に置かれていることが労働時間の原則です。業務終了後自宅で仕事をしようが、遊ぼうが労働者の自由です。したがって、労働者が勝手に仕事を持ち帰っても労働時間となりません。

 ただし、指示した業務量が通常の時間内では明らかに終えることができない場合や、従業員が仕事を持ち帰っていることを上司が黙認している場合には労働時間となることもあります。

 

【つぶやき】
 
仕事の持ち帰りは情報漏えいの可能性もありますので、禁止するように指導しましょう。会社として、仕事の持ち帰りを禁止すれば労働時間となる可能性はかなり低くなります。

▲このページのトップに戻る