Q3.夜間(午前零時をまたいで)勤務する社員が年休取得した際の扱いは?

A.1回の年休取得で2日分の日数を消化する

 

 警備やビル管理の業務では、1回の勤務が16時間や24時間など日をまたいで勤務することはよくあります。これを1勤務2労働日と考えます。この場合、年休を1勤務取得した際に2労働日休んだことになります。
 ただ、支払われる賃金は結果的に通常通りの1勤務分の賃金となります。

▲このページのトップに戻る