Q1.その日によって労働時間が違う社員が年休を取得した際の賃金はいくら?

 まず最初に、会社は年休を取得した際に支払われる賃金について、就業規則等で定めなければなりません。

 原則として次の3つからの選択です。
  @平均賃金
  A所定労働時間労働した時に支払われる賃金
  B健康保険の標準報酬日額

 したがって、社内規定で@やBが選択されている場合は『日々労働時間が違う社員』についても対応は可能です。
 ここで問題となるのは、Aの『所定労働時間労働した時に支払われる賃金』という社内規程で定まっている場合となります。

 A.年休を取得した日に働く予定だった時間分の賃金
 という答えになります。

 つまり、年休を取得した日が4時間勤務の日であれば4時間分の賃金。6時間勤務の日に年休を取得した時は6時間分の賃金の支払いが必要となります。
 
この考え方は、正社員等で変形労働時間制を採用している場合でも同じです。

 ※年休は『労働する義務のある日』に取得するものなので、週3日働くパート社員が本来働く予定の無い日(休日)に年休をとることはできません。したがって、年休を取得する日は「働く義務のある日、働く予定の時間(所定労働時間)も決まっている日」という事になります。

▲このページのトップに戻る