Q8.徹夜で残業していたら、次の日の就業時刻になってしまった。残業割増は何時まで?

A.次の日の始業時刻まで

 

 例1)就業時間は午前9時〜午後18時(うち1時間休憩)とします。
  午前9時〜午後18時⇒『通常の賃金』
  午後18時〜午後22時⇒『通常の賃金』+『残業手当』
  午後22時〜午前5時⇒『通常の賃金』+『残業手当』+『深夜手当』
  午前5時〜翌日午前9時⇒『通常の賃金』+『残業手当』
  翌日午前9時〜⇒『通常の賃金』

 となります。

▲このページのトップに戻る