資格取得後

合格した時は本当に喜びました。心の底から喜んだことを今でも覚えています。

 

合格したからといって何ができる訳でもありませんが、

「早く労務管理がしたい!!」 

と思いながら転職活動をしました。

 

ところが、転職活動は難しいものでした。

今考えれば当たり前ですが、

  1.30歳over

  2.実務経験無し

  3.頭固そう(資格だけもっている)

 こんな人間を欲しがる企業は、多くはありません。

 

 そこで私を拾ってくれたのが、2社目となる企業(ビルメンテナンス業)でした。

 従業員数1,000名超、事業はビルメンテナンス業が中心ですが、廃棄物処理業・下水管工事・飲食業など様々な事業をしているという事もあり、今まで知らなかった貴重な経験をさせて頂きました。

 

 1.採用(新卒、中途の会社説明会から書類・面接選考)

 2.研修

 3.社内制度改定(賃金規程、人事評価制度)

 4.賃金管理・調整

 5.行政への届出・申請・申告(労災、健保、労働保険料、36協定、健康診断・・・)

 6.問題社員への対応(既存社員、退職者)

 7.各種相談(年金、労働時間、労務全般)

 8.その他(安全衛生委員会、産業医、障害者実習、労基署の立会い)

 

 中でも、『管理者や従業員からの労務相談』『突発的起こる事故』への対応は私自身にとって大変有意義だったと感じています。

 また、親睦的行事が盛んに行われる企業でしたので、その実行委委員として参加できたことへも感謝しています。「元気で明るい職場作りとはなんだろう?」と考える機会が得れたことは、これからの事業に生かせていけれると信じています。

▲このページのトップに戻る